蓮舫さんだけじゃない!柚木道義さんも宣言「国会内にある吉野家に駆け込む事もあったが今回の報道で行く事はやめたい」

政治・社会



 牛丼チェーン大手「吉野家」の執行役員(当時)が外部での社会人向け講座で「生娘シャブ漬け戦略」など不適切な発言を行った問題を受け、立憲民主党の柚木道義衆院議員は20日、自身のSNSで今後は国会内の店舗を含め吉野家の利用をしない意向を示した。19日には同党の蓮舫参院議員が同様の投稿し批判を浴びている。


吉野家を避けることは困難?

 政治活動をするなかで、遊説先や会合で吉野家の牛丼が昼食として提供されることは少なくない。立憲民主党でも吉野家を利用していることを公式アカウントが紹介している。


 おそらく吉野家を避けて通ることは不可能だろう。思い付きでこういう宣言をしたために、メントスコーラのように吉野家の牛丼を蓮舫氏や柚木氏に差し入れるユーチューバーも現れそうだ。

 国会議員という影響力も考えず事業全体をキャンセルすることで、その犠牲になるのは罪のない店舗従業員であることも認識するべきだろう。

関連:吉野家、生娘シャブ漬け戦略の執行役員に絶縁状「本日以降、当社と同氏との契約関係は一切ございません」本当に個人の問題なのか?
関連:立憲・柚木道義さん、5人以上の会食現場で笑顔の写真、亡くなった羽田雄一郎氏へのお悔み投稿に添付


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう