スター軍団の立憲民主党、市議が電車内で下半身露出し逮捕される→同僚市議「自民党会派って表現が適切」批判の矛先を変えようとする

政治・社会



 静岡県警三島署は20日、立憲民主党所属の小田原市議、俵鋼太郎容疑者を電車内で下半身を露出した公然わいせつの疑いで逮捕した。乗客からの通報があったという。
出典:立民の小田原市議を逮捕 電車で下半身露出疑い – 産経ニュース

 この報道に対して同僚のの小谷英次郎市議は、容疑者がすでに会派を離脱し自民党市議らと新会派を結成しているとして「自民党会派の小田原市議」という表現を報道に求めている。しかし逮捕された時点で離党はしておらず党のHPにもプロフィールが掲載されていた。


言い訳にまでスター性を発揮

 下半身を露出して逮捕される市議にも驚きだが、党所属の市議でありながら会派離脱を理由に自民党に罪を擦り付けようとする同僚もなかなかのもだ。

 そもそも地方議会の会派で政党色を鮮明にしているのは公明党や共産党、維新くらいで自民党などは同党公認・推薦でも会派が分かれている自治体議会もある。同僚によるとんでもない言い訳には呆れるが、次は「当選時は国民民主党公認だった」とか言い出しかねない。

 立憲民主党は国政から自治体まで個性あふれるスター軍団。話題には事欠かないようだ。

続報:下半身露出の立憲民主党市議、逮捕された当日に除籍処分となり存在を消される 県連代表の阿部氏が公表「いましたっけ?フフフ」案件へ

関連:【立憲民主党】障害者嘲笑の摂津市議が再び反党行為!党員資格停止中にまた共産党候補を応援、府連はすでに把握して対応を協議中
関連:【動画】私が泉健太代表を直撃した理由 立憲民主党市議による視覚障害者嘲笑問題を府連マターで終わらせてはならない

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう