下半身露出の立憲民主党市議、逮捕された当日に除籍処分となり存在を消される 県連代表の阿部氏が公表「いましたっけ?フフフ」案件へ

政治・社会



 電車内で下半身を露出した公然わいせつの疑いで20日に逮捕された立憲民主党の小田原市議について、立憲民主党神奈川県連の阿部知子代表は同市議を除籍処分としたことをツイッターで報告した。


詳細も把握せず除籍?

 逮捕された直後で本人の認否も明らかになっていない状況で除籍とは。同僚市議が「自民党会派って表現が適切」とツイートしたように、責任を他党に擦り付ける意図も感じられる。
参考:スター軍団の立憲民主党、市議が電車内で下半身露出し逮捕される→同僚市議「自民党会派って表現が適切」批判の矛先を変えようとする

 阿部氏は「今後事件の詳細の把握に努める」とツイートしているが、詳細も把握していないのに除籍にできる立憲民主党のデタラメさをわざわざ宣伝しているようなものだ。

 神奈川県連では参院選中、複数公認した一方を切り捨てて女性候補に集中するという情報を所属議員がツイッターに投稿し県連内が大混乱している。この件も含めて阿部氏の代表辞任は避けられないはずだが、今回も当該市議を切り捨てて自分だけ生き残ろうとしているように見える。

関連:立憲・西村幹事長が候補者切り捨てを指示か?笠議員の投稿が波紋 複数候補擁立で苦戦する神奈川選挙区、当選見込みの候補だけ応援?
関連:【立憲民主党】障害者嘲笑の摂津市議が再び反党行為!党員資格停止中にまた共産党候補を応援、府連はすでに把握して対応を協議中

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう