医師の背中に巨大な蛾!?ツイッターで話題になるもフェイク画像と判明!その正体と手法は?


医師の背中に巨大な蛾!?ツイッターで話題になるもフェイク画像と判明!その正体と手法は?

 医師の背中全体を覆うほどの巨大な蛾。ツイッターで拡散され話題となっている。

医師の背中に巨大な蛾!?ツイッターで話題になるもフェイク画像と判明!その正体は?

本記事執筆中に削除された投稿

 日本人男性の平均的な肩幅が43~45センチと仮定して、この個体は開長30センチを優に超えるものと思われる。投稿でのコメントでは日本最大で沖縄県八重山諸島に生息する「ヨナグニサン」との指摘があるが、姿かたちが全く異なり開帳30センチが限界でここまで大きくはならない。

 結論から言うと、これは「クスサン」という日本に生息する一般的な蛾の映像を切り取り合成したものである。見るからにトリミングされた粗悪な画像です。

ネタ元は動画サイト、トリミングは雑

 画像を切り取ったのは以下の動画殻で間違いないだろう。検索ワード「巨大な蛾」で出てきた。

 クスサンは開長10センチ程度で特に珍しくはなく、キャンプの明かりに飛んでくる大きめの蛾がこれです。動画の個体と少し違うように見えるかもしれませんが、これはトリミングが雑で前翅の先が無くなっているからだ。頭から尻が出ているのも不自然だ。
医師の背中に巨大な蛾!?ツイッターで話題になるもフェイク画像と判明!その正体は?

 頭の上に出ているのは触角ではなく前の脚である。これもトリミングで「ふ節(脚の先部分)」が切り取られてしまっている。実際の触角は植物の葉の葉脈を透かしたような形をしており、頭から前翅に沿うように折りたたまれているが、これも切り取ってしまっている。

 明るさも不自然で、男性のシャツのしわに影が見られるが、個体の表面は太陽光により影が飛んでいる。表面も動画キャプチャ特有の明るさと粗さが目立つ。これを「動画キャプチャ」と認識してもう一度写真を見ると、もう切り取りにしか見えなくなるはずだ。

 ちょっと生物に詳しい人ならすぐに見破ることができる粗悪なフェイクだ。
 特に世間に害悪を与えるものではないが、意外にもこういうのを信じて知識として固定するひともいるので感心できるものではありません。

関連:風評被害煽る放射能デマ「放射能で奇形魚、回転寿司が買っている」→海外のフェイク画像とバレて謝罪
関連:野党の証拠捏造疑惑で新事実!森ゆうこ議員が質問漏洩問題を公表するより前に捏造写真は存在、野党関係者が作成か
 

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

中村哲さん死亡でアベガー陰謀論→活動家「また埼玉が狙われた。先月、下関市で安倍批判→殺された」埼玉出身の中村哲さんは同姓同名の別人中村哲さん死亡でアベガー陰謀論→活動家「また埼玉が狙われた。下関市で安倍批判、そして殺された」埼玉出身の中村哲さんは同姓同名の別人

共産党の西東京市議が役所内で赤旗の勧誘や集金→市長「現状を改める必要がる」→共産党「憲法ガー!」共産党の西東京市議が役所内で赤旗の勧誘や集金→市長「現状を改める必要がる」→共産党「憲法ガー!」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP