野党追及チームが証言捏造か?ホテルニューオータニに取材→「領収書は手書きのみ」今井・辻元議員の追及根拠崩れる

政治・社会

野党の追及根拠崩れる!ホテルニューオータニ「領収書は複写式の手書き」今井雅人議員の国会質問が虚偽である可能性

 野党が追及する桜を見る会前夜祭の会場となったホテルニューオータニは5日、当サイトの取材に対し「領収書は基本的に複写式の手書きで出している」と回答した。また、宛名のない領収書も先方の都合により発行することがあるとのことで、野党の「手書きは偽物」という追及根拠は完全に崩れた。
参考:また見つかった!桜を見る会前夜祭の領収書と動画を新たに公開!野党追及本部「領収書は誰も見ていない」はデタラメ

 今井雅人議員はホテルへの聞き取り調査の結果として「金額を手書きすることはない。宛名の無いものを出すこともない。」と国会で断言しているが、これは野党追及チームがホテルの証言を捏造した可能性が高い。さらに今井氏は当サイトが公開している領収書を予算委員会で“偽物"と断定し、安倍総理に対して「印字された本物がある」として提出を求めていた。また、安倍総理が「ネットで公開されている」と発言したことに対して立憲民主党の辻元清美議員は「フェイクや偽造写真もあるので現物を出せ」と息巻いていたが名誉棄損も甚だしい。

領収書は「手書き」が本物

 ホテル側の説明によると、宿泊・食事・宴会などの領収書は複写式(カーボンコピー)の手書きで発行することになっており、POS等から発行される印字式の領収書は出していないという。
 一部、レストランで印字されたものが出回っているが、あれは会計時に自動的に発行される「レシート」である。同じレストランで領収書を求めると、前夜祭と同じ様式の手書き領収書を発行していることは以前の調査でも判明している。宛名のない領収書については、先方の都合で空欄とした場合はホテル側の複写に「お客様の要望により」など、摘要をメモしておく決まりになっているそうだ。

 また、求めればPOSレジから印字される領収書の発行は可能か尋ねたが、やはりそういったものはなく領収書はすべて手書きで発行するのが基本だという。野党が証言を得たと主張する「金額は印字」や「必ず宛名」について、そのような回答を行ったのか尋ねたが「個別の案件には答えられない」とのことで回答は得られなかった。

今井、辻元両議員の追及根拠は?

 1月27日の衆議院予算委員会で今井雅人議員は「金額を手書きすることはない、宛名のない領収書を発行することもない」と断言したうえで「出回っているものは偽物」と当サイトの公開したものを全否定している。今井氏はホテルに確認したと証言しているが「印字の領収書」こそ1枚も見つかっておらずホテル証言の捏造を疑われても仕方がないだろう。

 名指しこそ避けているが、当サイトとわかる状況での名誉棄損である。即日、当サイトから今井事務所に抗議状を送付したが完全に無視をして逃げている。ホテル側は今井氏については答えてないが、本当に調査していれば少なくとも「印字が本物」という結果が出ることはなかったはずだ。
参考:今井雅人議員へ抗議状を送付!予算委員会で桜追及「偽物の可能性高い」当サイト公開の前夜祭領収書に疑惑かける発言

 さらに2月3日の予算委員会では立憲民主党の辻元清美議員が「ネットはフェイクや偽造写真がある」として、当サイトが公開している領収書に言及した安倍総理を責めている。

 無礼な物言いである。多額の歳費を使う野党議員らが揃いも揃って1枚も見つけられなかったことを棚に上げ、よくもネットメディアを批判できたものだ。しかも毎日新聞や朝日新聞がネットに公開している領収書には一切言及しないというダブスタ。

 これだけ高圧的に安倍総理を責めておいて、調査報告と証言が捏造であったのならば野党追及チームが揃って責任を取るべきだ。民間ホテルを公選法違反の犯罪者扱いし、当サイトを「偽物(フェイク)」と誹謗中傷しておいてだれも責任を取らない悪癖はこれで終わりしたらどうか。

関連:スクープ動画!マスコミ関与のジャパンライフ資料を共産党が隠蔽か「微妙なもので配布できない」→別の野党議員が配布→現在、見てない演技中
関連:スクープ!前夜祭のホテル「野党に見積書は出してない」→議員事務所が別件での見積もり入手を認める「最低1万円」もマスコミの捏造と判明

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で