朝日新聞・鮫島浩記者が炎上しても処分されない理由→朝日新聞非公認アカウントだった


朝日新聞・鮫島浩記者が炎上しても処分されない理由→朝日新聞非公認アカウントだった

 朝日新聞の編集委員がツイッターで新型コロナウイルスを「痛快な存在」と投稿した問題で14日、同社の広報部アカウントが謝罪の投稿を行った。記者個人の発信であったが、NHKと民放各社がニュースでこの問題を伝えるという異例の事態となっている。
参考:【痛快】不適切投稿で朝日新聞が謝罪 同社記者も苦言「本人はアカウント削除して逃亡、私たちが代わりに矢面に」

 このニュースに関してネットでは「どうして鮫島浩記者は炎上しても処分されないのか?」という声が上がっている。確かに炎上度合いで言えば鮫島記者の方が上だ。

社の公認と非公認がある

 朝日新聞広報部の謝罪声明の中で「専門的情報発信を担う”ソーシャルメディア記者”を取り消しました」とあるが、朝日新聞は社としてSNS発信を推奨し「公認」という形をとっているらしい。
 ホームページで調べてみると、鮫島記者はソーシャルメディア記者のリストに名前がなく、公認を受けていない”非公認アカウント”のようだ。
参考:朝日新聞社の記者ページ、「公認」記者アカウントの紹介:朝日新聞デジタル

 鮫島記者の場合はプライベートアカウントの扱いで、所属歴は書いているが現在の立場を明らかにしていない。社会問題になるほどの炎上なら朝日新聞が社として対応するが、あくまで社としては認知していないということなのだろう。

 朝日新聞と言えば他に上丸洋一記者が炎上することがあるが、鮫島記者と同様に問題になっていない。上丸記者は過去にソーシャルメディア記者の公認を受けていたようだが、現在はリストに名前が掲載されていない。上丸記者も社内での立場をプロフィールで明かしていない。

 社内でソーシャルメディア記者として公認はされていないが、鮫島記者は明らかにアカウントと紐付けされる形でメディアに出演している。そう考えると鮫島記者の炎上を朝日新聞が認知していないというのは無責任な気もする。

関連:朝日新聞特別報道部次長がインフルワクチンの効果否定する投稿←系列サイト「少なくとも1回は受けて」
関連:朝日新聞記者が森友の捏造シナリオ公開!佐川「本当のこと言う」安倍「彼はうそつきです、籠池のように」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

パワハラ動画!立憲・川内議員「読め!言ってんじゃねえの!」官僚を怒鳴り北村大臣に「辞めますってここで言って」→主査に注意を受ける立憲・川内博史さん「ウィルスを敵と呼び、闘うという言い方に疑問」なぜか新型コロナを全力擁護する

【すごい言い訳】常磐線全線再開で帰還困難区域の看板を撮影した朝日新聞カメラマン→「ピントは電車に合わせた」【すごい言い訳】常磐線全線再開で帰還困難区域の看板を撮影した朝日新聞カメラマン→「ピントは電車に合わせた」

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP