共産・志位委員長がコロナ革命を示唆「大きな犠牲をもたらすが歴史を変える。ペストは欧州で農奴の人口を激減させ中世没落の契機となった。人民の闘い如何では・・・」


 日本共産党の志位和夫委員長は11日、新型コロナウイルスについて「大きな犠牲をもたらすが、時として、歴史を変える契機になる」とツイッターに投稿した。
 志位委員長は、14世紀ヨーロッパで猛威を振るったペストを例に出し「ヨーロッパで、農奴の人口を激減させ、中世没落の契機となった。現在のコロナ・パンデミックも、人民のたたかいいかんでは歴史を変える契機となりうる」として、パンデミックによる死者増加が社会に革命的な変化をもたらすことを示唆している。


革命のための犠牲を是とする考え

 本人はいいことを言っているつもりなのだろうが、まともな有権者からしたらパンデミックによる大量死を契機に世の中を変えようなど考えない。誰一人として死んでほしくないと願うものだ。

 志位委員長はこの一連の投稿で、以下のような主張も展開している。

 にわか環境活動家に多い「人間が居場所を奪った」という謎説。少なくとも日本では古来から人間と動物は共生しており、人間が文化的な暮らしを発展させる中で得た田畑や家屋など人里一帯を利用した生き物も少なくない。そういった部分では人間と一切関わらない広大な森林を有する中国や南米、アフリカとは同一視できない。確かにコウモリの生息地を開発し、そこで豚などの家畜を飼育することで複数の動物を媒介してウイルスが変異し感染症が拡がるのは事実だが、資本主義が崩壊する革命が起きたところで、我々人間が人間である以上は何も変わらない。

 人間社会が抱える処々の問題を適切に解決しようとせず、自らの理想実現のためには破壊や壊滅的な人の死が必要と考えるのが共産党の特徴だ。そしてそれらの犠牲がはらわれても、人々にとっての理想の世界は訪れないというという現実を歴史から学ぶべきだ。

関連:怖い共産党・宮本岳志「明日から、また新たな地獄が始まる!」いよいよ暴力革命か?
関連:共産党・志位和夫「3年後までに野党連合政権目指す活動方針案」→3年前「国民連合政府構想、理解得られず撤回」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

朝日新聞のコロナ記事に重大な疑義「取材は受けてない」西浦教授がツイッターで指摘、科学誌からの無断改変転載も

【動画】オスプレイ配備に反対する共産党「やはり、独特の音」→反対派の声がうるさくてオスプレイの音が聞こえない

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP