森会長の発言を糾弾するフェミニストのダブスタ記事「なぜ男性はすぐに『長い会議』をしたがるのか?」

 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の発言「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」を猛烈に糾弾するフェミニストの北原みのり氏の過去の記事が掘り起こされ話題となっている。

 北原氏は2014年に週刊朝日で「なぜ男性はすぐに『長い会議』をしたがるのか?」という記事を書いているが、タイトルからして森会長の発言を批判できる立場にないことがわかる。内容も男性を一括りにする性差別ともとれるものだ。

北原みのり「なぜ男性はすぐに『長い会議』をしたがるのか?」〈週刊朝日〉
 私の想像している以上に、男性たちは群れたがるものなのかもしれない。そのくせ、いくら飲んでも関係が深まる予感が全くしない。なぜなら彼らは、自慢話やオレの面白い話や自分が知り得た情報をそれぞれに言い合うだけで、会話になっていなかったりするから。

男女同権ではなく女尊男卑が理想?

 北原氏はとてもご立腹のようで、複数のネット番組で森会長を糾弾している。

 北原氏の場合、自分の過去の記事を忘れているというよりも、男女同権ではなく女性優位の女尊男卑が理想なのだろう。同じ発言であっても男性に向けられるのは問題ないと思ってそうだ。まあ、靖国神社で全裸写真を撮影するような方なので、我々の想像をはるかに超えた思考の持ち主なのだろう。

続報!この記事が霞むような特大ブーメランが発掘される!
フェミニストの本性!北原みのり「ブス男のひがみ、不細工が尊敬されたいとか怖い。日本の政治家ってみんな不細工、イケメンが増えないと政治は変わらない」

関連:フェミさん助けてください!杉田水脈さんが差別されました→女性誌「胸元あきすぎ、政界の重鎮たちに媚びを売るためなのか」「男性に媚びを売るためのヘアメーク」
関連:フェミの皆さん出番ですよ!朝日新聞「女が最高値で売れるのは27」元テレ朝アナのコラムで引用


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で