【動画】維新・足立康史「東北新社の話はしません。行政が歪められた証拠が出てこない、多分歪めれてないと思う」

 日本維新の会の足立康史衆院議員は19日の総務委員会で、総務省接待問題について「東北新社の話は取り扱いません」「あれだけ調べても総務行政が歪められた証拠が出てこない」「ここ数日、夜も寝ずにチェックしたが(証拠)見つかりません」「たぶん、歪められてないんだと思う」と述べた。
 これらの発言は、重要な予算委員会でも維新以外の野党がスキャンダル追及に終始していることへの批判の意味も込められているようだ。

週刊誌に合わせるスケジュール

 維新以外の野党は審議時間の大半をスキャンダル追及に使うだけでなく、週刊誌の発売に合わせて審議を拒否するというデタラメぶりを発揮している。

 自分たちで暴れておいて「官僚や与党のせいで審議できない」というアピールをしても、それに騙される有権者も少ないだろう。これで支持率が上がると思ったらそれは逆だ。

 予算委員会でスキャンダルを追及する理由としては、予算をお願いする政府と行政が正しく機能しているか審査する必要があると言われているが「問題があったので今年度は予算組みません」とはならんだろう。多少は行政監視をして正すことはあっても、スキャンダル追及できないなら審議拒否するというのは本末転倒だ。

 どうしてもスキャンダル追及したければ委員会とは別に調査すればいいだけだ。

関連:【怖い動画】辻元清美さん「手荒なことはしないから止めてよ委員長」→いつもは手荒なことをしているのでしょうか?
関連:【動画】辻元清美が消したい真実!共産党との関係を指摘した足立康史議員の発言を不当に妨げ議事録からの削除を要求


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で