ウーマン村本「DNA検査で自分が何人か調べて貰えばいい。韓国朝鮮かも。そしてそれを名札で貼って街を歩こう」

エンタメ



 お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が16日、自身のツイッターで原発処理水と科学について言及するなかで「科学が正しいなら、DNA検査をして自分が本当はなに人か調べて貰えばいい。韓国朝鮮かも。みんなで一度、その科学を信じて自分がなに人なのか調べよう。そしてそれを名札で貼って街を歩こう」と投稿して物議を醸している。


DNAと人種・国籍

 ここまで無知な投稿も珍しい。まず、人種としての「日本人」「(韓国)朝鮮人」の分類は存在しない。これらは民族やその地域にルーツを持つ、または国籍を持つ人間を指す言葉だ。

 村本氏の言う「なに人」というのが、人種ではなく民族や国籍を指していたとしても、DNAによって定義できるものではない。いわゆる国際結婚が一般的になった現代では父母のルーツが違っていても日本国籍を取得、またはアイデンティティーを日本人と認識しそれを希望する人も「日本人」とするのが人権的にも真っ当な考え方だろう。

 村本氏の投稿は、そういった科学的な分類ではなくアイデンティティーこそ優先されるべきという思いから、あえて逆手に取るような表現をしたのかもしれないが、アイデンティティーは科学を否定するものではないことを理解していない。また、この流れからの「なに人」という表現は人種と民族の違いや、それらにとらわれない婚姻や出産を度外視しており、些か差別的なものになっている。

 逆張りなどで世間を騒がせる"売名"との批判も多く、彼を記事で取り上げるなという意見もあるが、これを看過していては人種や民族に対する偏見や誤解が拡がる一方だ。

関連:ウーマン村本が安倍総理をデマ攻撃「慰霊の日に沖縄に行けない雑魚」→新型コロナで沖縄県が閣僚や野党の招待を断念
関連:ウーマン村本に中川家の剛がマジ切れ「昔やったら殴りかかってる」礼二「家で見てて、ひっくり返ったわ」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で