前代未聞の恥知らず!立憲・小川淳也さん、維新の代議士会に乱入、馬場幹事長の腕にしがみつき「どうか候補者の一本化を(泣)」

政治・社会



 次期衆院選で日本維新の会が香川1区に新人・町川順子氏を擁立したことを受け、同区で出馬予定の立憲民主党・小川淳也氏が候補者一本化を求める情けない動画をアップしたことに批判の声が集まっている。
参考:立憲・小川淳也さん、臆面もなく維新に香川1区候補者一本化を要求!自分の当選が危ういと見るや「同じ野党」と言い出す

 維新所属議員からも苦言を呈される結果となったが、懲りない小川氏はこともあろうか11日の維新の代議士会に乱入し、馬場幹事長の腕にすがりついて「何とか候補者の一本化を」と懇願したというのだ。

名前を出された玉木代表も困惑

 半分冗談だったのかもしれないが、さすがにこれは常識外れで立憲民主党側が維新に謝罪しなければならない事案だ。野党共闘もしていない維新に対して、県連のコンセンサスもないまま勝手に泣きつくようなことは許されない。

 この小川氏の行動は映画のためなのかも知れないが、勝手に名前を出されて「刺客を送った」と噂された国民民主党の玉木雄一郎代表も困惑しているようだ。

 小川氏は2016年参院選で、共産党の為に強引に自党候補を取り下げ、その見返りに2017年の衆院選で希望の党の比例重複であるにもかかわらず、自分だけ共産党に候補を下げてもらっている。とにかく自分が勝つためには何でもやるタイプで、今回の維新への泣きつきもさもありなん。

 自分が無様な醜態をさらすのは勝手だが、党としてこれを放置して良いのか。

続報:これはダメ・・・立憲・小川淳也さん、維新候補の実家を突撃、家族に出馬断念を迫る!本人にも電話「出られては困る」

関連:立憲・小川淳也議員「学校現場における主権者教育が及び腰に」県立高校授業で自身の映画を上映した教員を無理筋の擁護
関連:立憲・小川淳也さんが空港での違法駐車を謝罪「遵法精神を尊ばねばならない立場でありながら不適切だった」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で