立憲・生方幸夫さんの謝罪報告「みなさんこんにちは。謝罪文を渡して謝ってきました。」小学生の反省文?

政治・社会



 北朝鮮による拉致問題について「(横田めぐみさんは)生きていない、自民党議員も拉致生存者はいると思っていない」などと発言し厳重注意された立憲民主党の生方幸夫衆院議員(千葉6区)が11日、救う会の西岡力会長に直接会って謝罪文を手渡したことをツイッターで報告した。

 謝罪の報告であるのに「みなさんこんにちは。」から始まり「あって、謝罪文を渡して謝ってきました。」という小学生の反省文のような文章で、生方氏への批判をさらに加速させている。


関連:立憲・生方幸夫議員「(横田めぐみさんは)生きていない、自民党議員も拉致生存者はいると思っていない」救う会が抗議声明
関連:ブーメラン!立憲・生方幸夫「失言という”本音” 自民党の辞書には責任を取るという文字がない。誰も議員を辞めようとはしない」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう