立憲は批判ばかり?生乳大量廃棄懸念で金子農水相が消費拡大呼びかけ→立憲議員「今やる対策か。もっと早く呼びかけられたはず」1年以上前から呼びかけてました

政治・社会



 牛乳などの原料となる生乳が余り大量廃棄されることが懸念されていることを受け、金子原二郎農林水産大臣は17日の記者会見で牛乳や乳製品を飲んで消費拡大を呼び掛けた。

 これに対して立憲民主党の石川香織衆院議員(北海道11区)は21日、自身のツイッターで報道を引用し「この局面で、今やる対策でしょうか。牛乳はたくさん飲んでほしいですが、飲用消費換気はもっと早くに呼びかけられたはずです。」(原文ママ)と農水省の対応を批判した。


対策と呼びかけは1年8カ月前から

 石川氏の「もっと早く呼びかけられた」という批判は事実関係を無視している。農水省は新型コロナウイルス感染拡大による休校などで、牛乳などの消費が急激に落ち込み生乳などが廃棄されることを防ごうと2020年4月から「プラスワンプロジェクト」を緊急スタートさせている。牛乳をもう1本普段より多く飲もうという呼びかけで危機のピークを乗り切ったが、引き続き酪農を応援するために呼びかけの対象を牛乳から「乳製品」に拡大している。
参考:日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」緊急スタート!:農林水産省
参考:日本の酪農を応援する「プラスワンプロジェクト」セカンドステージへ!:農林水産省

 今回もこのキャンペーンを強化する呼びかけで、石川氏も当時はこのプロジェクトに好意的だったはずだ。記憶から完全に消去されたのだろうか?


 とにかく批判ありきの姿勢こそが立憲民主党が議席を減らした原因と言われているが、やはり反省はしていないようだ。酪農が盛んな選挙区で当選した石川氏のこの認識は致命的だ。

関連:蓮舫さん「批判は良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定することです」→批判して悪く言ってるところしか見たことがない
関連:立憲民主党の支持率が上がらない理由が詰まった動画を所属議員がセルフ開示【マガジン122号】


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう