立憲・逢坂誠二さん、AERAの『放射能がくる』を再現したような写真に批判殺到→「この写真は私にとっての戒め」さらに炎上が拡大

政治・社会



 立憲民主党の逢坂誠二代表代行が19日、福島県沖地震で福島第2原発1号機と3号機の使用済み核燃料プール冷却水循環ポンプが停止したことに言及したツイッター投稿に、防護服とマスク姿の写真をアップしたことで炎上している。投稿には「風評や不安を煽る」との批判が多数寄せられている。


AERA「放射能がくる」の再来

 逢坂氏の投稿した写真は、東日本大震災で事故を起こした福島第一原発を2013年に視察したときのものだ。不安だけを煽るような写真の使い方は、発災当時にAERAが表紙に掲載して批判を浴びた「放射能がくる」とそっくりだ。
AERA 2011年3月28日号『放射能がくる』
AERA 2011年3月28日号『放射能がくる』
 逢坂氏は批判を受けて「風評や不安を煽る訳でも何でもありません。原発や原発事故の現実と向き合わなければなりません。」「この写真は私にとっての戒めでもあります。」と釈明したが、この投稿がさらに炎上を加速させている。


 AERAの「放射能がくる」も、当時の編集長は批判など予想していなかった。それでも、ダメなものはダメと言う現実を突き付けられることになったのだ。


 立憲民主党のにありがちな話ではあるが、自分たちに対する有権者の反応を省みることなく、ひたすら自説を開陳して謝罪をしようとしない。この調子では参院選も散々なものになること間違いなし。

関連:立憲・逢坂誠二さん「いつもは点字ブロックの内側に立っておりますが、昨日は都合があり外側に立つことになりました」余計な言い訳で再炎上
関連:懲りない朝日新聞「放射能がくる」の風評被害再び!常磐線全線再開を喜ぶ地元民をよそに期間困難区域の看板を撮影


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう