琉球新報「沖縄が味方に付けるべき相手は中国、ロシア、北朝鮮」2019年のコラムを釈明「寄稿は個人の見解、社の主張と一致しない」

マスコミ・報道



 琉球新報が2019年に掲載した外部寄稿者のコラムで「沖縄が味方に付けるべき相手は中国、ロシア、北朝鮮」など主張されていた問題で、同社デジタル編集グループが23日、公式ツイッターで釈明を行っていたことが分かった。

 ロシアによるウクライナ侵略を受け、琉球新報の過去の記述がネット上で問題視され批判の声が相次いでいたが、これに対して同社公式ツイッターアカウントは「記事は2019年時点の外部ライターの寄稿です。寄稿は個人の見解として書かれたもので、琉球新報の主張と一致しない」と説明している。


外部寄稿者でも責任は社にある

 問題のコラムは2019年の掲載時点でも問題視されている。
参考:ヤバい!琉球新報「沖縄が味方に付ける相手は中国、ロシア、北朝鮮」「琉球王国は未開で野蛮な独裁国家」

 ロシアによるウクライナ侵略で再度クローズアップされたわけだが、これが在日ウクライナ人として発信力のあるナザレンコ・アンドリー氏の投稿に返信する形で報告されたため、琉球新報はさらにこれに返信するという異例の形で釈明を行ったようだ。

 2019年のコラムとはいえ、ロシア以外にも中国北朝鮮を友好国とするような記述があり、琉球王国に関しても「未開で野蛮な独裁国家にすぎない」「未開の、超ミニチュアの独裁国家が琉球王国である」などと表現されていたことは問題だろう。ロシアによる侵略前だから許されるということでもなさそうだ。

 侵略後も外部寄稿者によるコラムで、ロシアのプロパガンダメディア「スプートニク」を引用してロシア擁護ともとれる内容を掲載していることから、同社の掲載基準が疑われていることも認識するべきだろう。最終的な編集権は同社にあり、掲載した責任は免れない。

関連:琉球新報さん、ロシアのプロパガンダ通信社「スプートニク」を引用してロシアを擁護してしまう
関連:ブーメラン!琉球新報「沖縄市が暴力団会長に弔電を送ってる!」→沖縄市長「琉球新報の告別式広告から自動的に送られたんだけど?」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう