Wi-Fi電磁波による学力低下を懸念する市議らが「オンライン」で意見交換会を開く事案発生


 Wi-Fiなどの電磁波が人体に悪影響を与え学力低下を招くことを懸念する市議らが、GIGAスクール構想でICT環境を整備するに当たって、電磁波による問題点とそれへの対策を話し合った。オンラインで。

Wi-Fi電磁波で学力低下を懸念、市議ら意見交換会 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB
 東京都新宿区議会のよだかれん議員は、学力と健康の2つの観点から、「大人でもICT機器を使用すると前頭前野の機能が低下するという様々な研究報告がある。小学1年生からの使用で脳の発達への影響は懸念されないのか」と指摘した。
 よだ議員は、9月議会の質疑の一部で、令和元年の全国学力テストの結果に基づき、電子黒板やプロジェクターなどの大型電子機器の整備率が1位の佐賀県は正答率が全国で43位だった一方、整備率最下位の秋田県は正答率が1位だったことを紹介した。
(中略)
 埼玉県日高市議会の松尾まよか議員は、GIGAスクール構想を進める上で、Wi-Fiのアクセスポイントの位置を児童・生徒から遠ざけた場所に設置する、使用していない時は電源を落とすことを重要な点に位置付けた。

相関と因果を混同する初歩的勘違い

 まあ、オンラインで開催するのは時期的に仕方ないとして、そんなに人体に影響があると信じているならパソコンもスマホも捨てて、どこか電波も届かぬ山奥でマスクして密会するべきですね。

 電磁波による人体への影響のほとんどが科学的に実証されておらず、この手の人たちが騒ぎ立てることによる精神的不安など、ノセボ効果によるものが大きいとされている。
 まず、大きく誤解をしているのがどこにでもあるWi-Fiや無線LANを特別な設備だと思っていることだ。それが教育環境のWi-Fiや無線LANだけが悪影響を及ぼすというのは非科学的な話で、学力テストの結果も相関と因果を混同する基本的なミスを犯している。

 通信事業者が全国的に通信環境を網羅し、どこでも使えることを売りにしていることから、本当に影響があるならそのひとは常に症状が出ているはずだ。全く影響がないとは言わないが、不調を訴えるひとには、見えないWi-Fiを察知して電波強度を言い当ててもらいたいものだ。結局は近くで工事があったとか、誰かがルーターを設置したとかいう情報によって不調と電磁波を結び付けているだけだろう。

 ところで、オンラインでの会合参加者に不調を訴える人はいなかったのだろうか?

関連:立憲民主党候補が投稿全削除で逃亡「紅茶でインフル無毒化」「生活習慣でガンを治す」などトンデモ医学
関連:鳩山トンデモ元総理「地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによる人災」←各界からツッコミ殺到

【ご支援をお願いします】
取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

医療ジャーナリストの伊藤隼也さん「(尾身会長)彼は感染学の専門家ではない。殆ど研究業績もありません」

【政治資金】立憲・塩村文夏議員の政党支部、参院選で選対広報局長の目黒区議にSNS対策費名目で約70万円

最新の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP