立憲民主党が「次の内閣」を発表 防衛大臣が廃止される斬新な組閣、国を護る気ゼロか?

政治・社会

写真:立憲民主党公式HPより


 立憲民主党13日、国会内で両院議員総会を開き泉健太代表から「次の内閣」が発表され承認された。

■立憲民主党 泉「次の内閣」名簿(2022年9月13日)

○ネクスト総理大臣 泉健太
○ネクスト内閣官房長官 長妻昭
○ネクスト内閣府担当大臣(災害対策・消費者・科学技術・デジタル・行政監視) 杉尾秀哉
○ネクスト総務大臣(地方創生・倫理選挙) 野田国義
○ネクスト法務大臣 牧山ひろえ
○ネクスト外務・安全保障大臣(拉致問題・ODA) 玄葉光一郎
○ネクスト財務金融大臣(予算・決算) 階猛
○ネクスト文部科学大臣 菊田真紀子
○ネクスト厚生労働大臣 早稲田ゆき
○ネクスト農林水産大臣 金子恵美
○ネクスト経済産業大臣 田嶋要
○ネクスト国土交通・復興大臣(沖縄北方・復興) 小宮山泰子
○ネクスト環境大臣(原子力問題) 近藤昭一
※かっこ内は所管委員会

防衛大臣のポストなし

 悪夢の民主党政権の再来を想起させる面々であるが、「次の内閣」名簿に防衛大臣のポストが見当たらない。ネクスト外務・安全保障大臣の玄葉光一郎氏が兼務するのではないかとの見方もあるようだが、防衛大臣を廃止して安全保障大臣にする意味があるのだろうか。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は13日の定例会見で「次の内閣」について問われ、やはり「防衛大臣は必要ではないか」との見解を示している。臨時の兼務ではなく組閣の時点で防衛大臣が専任ポストではないというのは、国を護るという意思が感じられない。

関連:ブーメラン!蓮舫さん、組閣の前日報道に「情報管理を懸念してしまう」→自分は菅総理の施政方針演説原稿を流出させていた
関連:元朝日新聞・鮫島浩さん提案”影の内閣”が大炎上「小沢一郎副総理、小川淳也官房長官、前川喜平文科相、コロナ相に保坂世田谷区長」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう