柴犬を盗もうとした作業員の男(57)を現行犯逮捕「かわいかったので、飼いたいと思った」

政治・社会



 愛知県内の民家の庭から柴犬を盗もうとした作業員の男(57)が現行犯逮捕された。男は「かわいかったので、飼いたいと思った」と容疑を認めているという。

柴犬盗もうとした疑い 「飼いたい」57歳男逮捕 | 共同通信
 逮捕容疑は11日午後4時35分ごろ、同県大治町の男性会社員の自宅敷地に侵入し柴犬1匹を盗もうとした疑い。

 署によると、男性の家族が犬の鳴き声に気付き庭を見たところ、犬を抱え首輪を外している男を発見。声を掛けると犬を置いて逃げたため、家族が110番して追い掛けた。合流した署員が名古屋市中川区の路上で現行犯逮捕した。

犬を飼うなら譲渡会へ

 犬をかわいいと思う気持ちがあるのに、連れ去って飼い主から引き離そうとする行動が理解できない。法律的には犬は飼い主の所有物として「窃盗」の扱いですが、やってることは完全に誘拐です。

 ちょっと調べると愛知県あま市でも犬猫の殺処分をせざるを得ない状況のようで、殺処分ゼロを目指して活動している人たちもいる。柴犬を誘拐しようするやつには譲渡してほしくはないが、犬を飼いたければまず譲渡会という認識はもっと広まってほしい。

関連:コツメカワウソさんが新型コロナに感染、軽度の倦怠感「なんか、しんどいねん」
関連:【想像力】獣医師が馬のCT撮影方法をツイッターで紹介→女性が激怒「写真は即消して。馬にも基本的馬権ある」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう